ホーム

ご予算とお手続き

ご予算とお手続きについて

【1】ご入居に際し必要な費用について

「入居金」のお支払いは「月払い方式」と「一時金方式」のいずれかをお選びいただけます。

詳細は「よくあるご質問」入居費用に関するご質問をご参照ください。

【2】追加入居(二人入居)について

三親等以内かつ65歳以上の方を対象とし、一定の条件を満たしている場合1回限り追加入居が認められます。

1)月払い方式の場合

入居時期が異なる追加入居の場合、締結済みの契約は解除し、改めて二人入居の契約を締結します。

2)一時金方式の場合

二人同時入居の場合、年齢の低い方の入居条件を適用のうえ月額賃料の24ヶ月分を加算し、償却期間も24ヶ月延長します。時期が異なる追加入居の場合、締結済みの契約は解除し、返還金等の精算を行った後に改めて二人同時入居の契約を締結します。 「想定居住期間を超えて契約が継続する場合に備えて受領する額」は追加入居者の年齢が先行入居者の入居時点の年齢よりも低く当該金額が増える場合は、その差額をご負担いただきます。

【3】お住み替えについて

日常的に頻繁な介護が必要となった場合、一般居室から介護居室にご移動いただき一定期間ご様子を拝見させていただきます。結果、一般居室でのご生活が将来にわたり困難であると主治医及び当社が判断した場合、ご本人様と身元引受人様のご同意のもと、継続した介護サービスが提供できる介護居室に住み替えていただく場合がございます。住み替えにより生ずる変更点等は以下の通りです。

1)月払い方式の場合
  1. 居室の利用権は「一般居室」から「介護居室」に移動します。
  2. 一般居室入居時に締結済みの契約は解除し、改めて介護居室入居契約を締結します。
  3. 家賃相当額・敷金・管理費は「介護居室ご入居に関する費用」に定められた金額が適用されます。
2)一時金方式の場合
  1. 居室の利用権は「一般居室」から「介護居室」に移動します。
  2. 入居契約書の規定により入居一時金の精算を行います。一人入居の方が住み替える場合は追加費用は発生しません。二人入居の場合お一人が介護居室へ住み替えの場合は、介護居室月額家賃相当額を一般居室入居時前払金から毎月差し引きます。
  3. 家賃相当額・敷金・管理費は「介護居室ご入居に関する費用」に定められた金額が適用されます。

お問い合わせご相談:

フリーダイヤル:0120-26-5056

受付時間 9:00〜17:30(お客様相談室)

お電話でのお問い合わせは0120-26-5056